全力映画特別企画第2弾「俳優×俳優@全力座談会!!!!」

髙野春樹・南部真人(松永大司クラス)×大和(山岡大祐クラス)×木村紗貴・田村智浩(森英人クラス)×土井晃範・中村安理(三宅伸行クラス)

11月17日(土)よりいよいよ公開される短編オムニバス映画『全力映画』。その第1弾に関わった監督と俳優がその成り立ちから、作品に込めた思いまで率直に語ります。

7月7日に行われた座談会を3回に分けて、ご紹介。
今回は出演俳優7名が、俳優側から見た「全力映画」の魅力について全力で語ります!!

司会・構成/那須 千里

それぞれの監督のワークショップ(以下WS)に参加してみていかがでしたか?

髙野:
松永監督とは「一緒に(映画を)作っている」という感覚が一番近かった気がします。撮影中は特に、演出家とか演者といった立場の壁がなくなっている状態で、各々が一つ一つのシーンを作り上げることだけを目指していました。監督と俳優の関係としてはそれがベストな形なのかなと思います。
土井:
三宅監督には、自分でも気づいていなかった自分の力を引き出していただいたと思っています。撮影現場はファミリー色が濃くて、監督がお父さんのような存在で、スタッフもキャストも含めて「三宅組」という関係性が理想的だなと思いました。その一員になれたのがすごく嬉しかったですね。
中村:
たとえばCMの撮影などでは、監督は「指示する側」、俳優は「指示を受ける側」と完全に分かれていることが多いんです。でも三宅監督は、現場でこちらが言いにくいセリフや上手くできないことがあったら「こういうふうにしたら言いやすい? こうしたら上手くできる?」と歩み寄ってくれるんです。だから一緒に作っている……と言ったらおこがましいですけど、私もそういうふうに思えました。
大和:
山岡監督もいわゆる「先生」という感じではなかったですね。一方的に教わるのではなく、一緒に話し合いながら「脚本の読み方」と「相手の俳優に集中する」ことを学べたのは、大きな財産だと思っています。
田村:
森監督のクラスで痛感したのは「ちゃんと考えて演じなければならない」ということでした。「今、どうしてそういう動きをしたの?」と聞かれて、自分が適当に動いていたために説明できないことがあって、すべてのお芝居には論理的な理由があるということに改めて気づかされたんです。当たり前のことなんですけど、僕は今まであまりちゃんと考えずに演じていたことが多かったので……。
『冬の爆弾』出演:木村紗貴・田村智浩

そうだったんですか?

田村:
はい(笑)。結構ごまかして、上手い具合に見えるだろうなと思ってやったことが何回かあったんですけど、そのときはやっぱり全部バレていましたね。森監督は最初はわりと自由に演じさせてくれて、それについて後から色々聞かれるというスタイルだったよね?
木村:
そうですね。一回やってみたことについて、自分で「こういう気持ちで動きました」と説明するやり取りを繰り返してくださったので、一方的に押しつけられるのではなく自分できちんと筋道立てた感情を込めて演じられたんです。そうすることで森監督は演じる上での迷いをなくしてくれていましたね。おかげでWSを受けた後は、“気持ち”を重視して演じることを意識するようになったかもしれません。

目には見えない気持ちや感情というものを、演技において表現するために大切なことは何でしょうか。

髙野:
自分に正直でいること……ではないでしょうか。感情を出そうとするよりも、自分が役の“状態”でいることを大事にしています。言葉はクサいかもしれないですけど、「心を開く」というか。
大和:
「自分に正直な状態でいれば、そこから先に何が起こるかは役の感情の流れ次第だから、その場にどう居るかが出来ていれば、あとは自然に役が先に進んでくれるよ」と。僕はこれを髙野“センセイ”に教わりました!
髙野:
でもそれで上手くいかないこともあります、社会的には。普段の生活で心を開きすぎてミスしたことはいっぱいありますけど(笑)。
『かぞく』出演:髙野春樹・南部真人
南部:
松永監督の演出では、役に入り込みすぎているぐらいのレベルのお芝居を求められていたので、一瞬でも素の自分が見えると作品全体の空気感が壊れてしまうんです。だから完全に自我を捨てることが、逆に感情を出す方法なのかなと思いました。「恥ずかしい」とか「みんなが見ているから」とかすべてを忘れて、その場に生きることだけに専念する。ただ、入り込む度合いは監督によっても臨機応変に変えていかなければならないですよね。役に入り込むことと同じぐらい、一方で客観的な面を持っていることも大事だと思っています。
中村:
私はまさに感情をなかなか出せなくて苦労しました。普段は主にモデルの仕事をしているので感情を出さないほうがよかったりもしますし、イライラすることがあってもなるべく怒らないように、気を紛らわせることばかりしていたんです。でも演技をするとなるとその気持ちを解放するほうが難しくて……WSで演技中に気持ちが昂って涙が出そうになっても、我慢して出さないようにしてしまったり。だから三宅監督からはずっと「一線を越えて、上手く枷を外して欲しい」と言われていました。
 でも、これまでプライベートでの人生経験が少なすぎて、自分の中に感情の抽き出しがないので、実生活で役の気持ちになるように自分を追い込んでしまったんです。友達とゴハンを食べているときでも「今、あのセリフを言ってみたら相手はどんな反応をするかな?」と考えてしまったり(笑)。そういう意味で、WSの期間中は役と私生活との線引きが上手く出来なくなっていました。
 いざ撮影に入ってみると、泣くシーンで泣けたはいいけれど、涙がしっかり流れていなかったり、それもキャメラに映る角度から流れるようにしなくてはならなかったり……。なので、私はまだまだ感情の出し方を教えていただきたいレベルですね。
土井:
僕も感情を出すのは不得意なので、日常生活のどんなことに対しても喜ぶなり怒るなり泣くなりといった気持ちを持つように普段から意識していました。いかに感情の抽き出しを増やすかということを考えながら……今この瞬間も、生きています。
一同:
アハハハハ!

田村さんと木村さんは?

田村:
僕たちは具体的にメールを使ったよね?
木村:
あ、そうでしたね……! 田村さんと私は劇中で不倫関係の役だったんですけど、最初はどうもそういう仲に見えないと言われていたんです。それで、どうしたら内緒でつき合っている空気感を出せるかということで、役の設定で二人で携帯メールのやり取りをしました(笑)。それによって役の気持ちを考えることはもちろん、田村さんとのコミュニケーションも取れたので、安心して本番に臨めましたね。
田村:
お互いに件名の欄には()の中に役の名前を入れていたので、木村さんから送られてくるときは(ハタノ)と書いてあったんですよ。

俳優になりたいと思うきっかけのようなものはありましたか?

田村:
小学校で見たキャラバン隊の劇が原点ですね。全国を練り歩いているような劇団がバスで来て、校内の講堂で劇をやるんですよ。いつもの体育館がいきなりお芝居の世界になって、すぐそこの舞台で俳優さんが喋っていて、小学生だから邪魔しようと思えば出来るんだけど出来ない! 誰もその世界を触ることが出来ない、壊せるんだろうけど壊しちゃいけないという神聖さがカッコいいなと思ったんです。
木村:
私は学校を卒業して事務所に入ってから受けたレッスンで初めて演技をしたんです。何もわからない状態で、ド下手だド下手だと言われながらやっていたんですけど、みんなで色んな意見を言い合いながらお芝居の世界を作り上げていく面白さを感じたことが、今も続けている理由になるのかなと思います。
大和:
僕はもともとダンスをやっていて、踊りは人の感情が見えるときがやっぱり一番感動するんだなと思っていたんです。その見せ方を探るうちにお芝居に行き着いて、表現という部分で演技そのものに興味を持っていきました。
 ダンスを始めたのはマイケル・ジャクソンに憧れたからです。『マイケル・ジャクソンの真実~緊急独占放送 密着240日~』というドキュメンタリー番組を観たときに、踊っているシーンは一瞬しかなかったんですけど、鳥肌が立って「ウワッ!」と思ったんですよ。その感覚を、自分も他の人に感じてもらえたらすごいんじゃないかと。それが中学二年生のときでしたね。そこから自分の好きなダンスを追求していったら自然と感情の見えるものに向かっていって、演技を学ぶことでもっと感情の表し方を身につけられたら、自分の踊りも変わってくるんじゃないかと思ったので。
『ボーイ・ミーツ・ガール』出演:大和
土井:
僕はそんなにハッキリした動機はないんですけど……小さい頃にテレビの中の世界に憧れたのが単純なきっかけだと思います。それが大人になって、色んな表現の中でも好きだなと思うものがお芝居だったから、俳優に興味を持ったんだと思います。ただ、他の俳優さんや監督と会って話をすると、自分が俳優という職業に対して向き合う気持ちや覚悟は、まだまだ小さいのかなと感じますね。
中村:
私は2011年に三宅監督が演出したCMに出演したときに、上手くできなくて悔しい思いをしたのが、一番のきっかけですね。それまではモデルとして、写真やCMなどでごく短い時間での演技――それを演技と言うのかどうかはわからないですけど――をしたことはあったんですけど、きちんとセリフもあるお芝居というものを経験したのはそれが初めてだったんです。
 CMでは限られた時間の中で効率よくメッセージを伝えることが大切なんですけど、俳優の演技は役の背景や感情と表情やセリフがすべてつながっていて、一連の作業なんですよね。だから役と向き合う時間が長い分どうしても思い入れが深くなるんです。WSの期間中もモデルの仕事はしていたんですけど、すごく集中して演技のことを考えていたので、終わった後もなかなか本業のほうに上手く気持ちを切り替えられないぐらいでした。
南部:
僕は正直なところ、あんまり覚えていないんです。何かしらの理由があって事務所に入って俳優業を始めたと思うんですけど……。実際にやってみると、やっぱり楽しいんですよね、芝居をしていることが。WSもそうですけど、ある作品と関わる一定の期間があったら、脚本を渡されたときからがスタートだと思っているんです。そこから役作りのアプローチを始めて、限られた時間の中でどこまで作り上げられるか。その結果がいいと言われれば嬉しいですし、ダメと言われたらショックですけど、ダメでもじゃあまたこうしてみよう! とトライできるのが楽しいんでしょうね。
髙野:
僕は――まあ、肉親を亡くしたことですね。後悔、ではないですけど、生前にもっと違う関わり合い方も出来たのではないかという思いが強くあって、「生きる」とは、「死ぬ」とは、「人」とは何か? というようなことをたくさん考えたんです。高校生のときでしたね。今考えると、それが自分にとって演じる上で一番の根っこにあるものなのかなと思います。最初は俳優の養成所に入ったんですけど、演技をしているときしか自分の生きている感覚がなかったというか。
 今も演じることを通して人と人との関係の間にある豊かさを追求しようとしているのかもしれません。根本的なところには「人が生きるってどういうことだろう?」という問いが常にありますね。

WSで作った映画が劇場で公開されることについてはどんな気持ちですか?

土井:
もはや ないもの』での僕自身の経験やスキルは未熟ですが、俳優の力だけでなくスタッフ全員の支えで絶対にいい作品になる確信があったので、たくさんの人に観てもらうことはもちろん、この作品を通じて監督やキャストの皆さんと長くつながっていけたらいいなと思っています。
『もはや ないもの』出演:土井晃範・中村安理
中村:
短編とはいえ監督の伝えたいものが明確に詰まっている作品なので、その世界観を、ロケ地の美しさや幻想的な映像と併せて楽しんでいただけたら嬉しいですね。
田村:
冬の爆弾』は中学生の少年のジメジメした野望と木村さんの演じたハタノ先生とのコラボレーションが生み出す「爆弾」を感じていただければ!
木村:
一本だけでなく四本同時に観ていただくと、作品ごとに感じることは違うと思うのですが、それも含めて観てよかったなと思ってもらえたら嬉しいです。
南部:
「全力映画」の第一弾として、四人の監督とそこに参加した俳優たちが熱い思いで取り組んできた結果が四本の映画になったので、一人でも多くの人に観て評価をしてもらいたいです。その中でも『かぞく』はできれば家族で観てもらって、家族のありがたみや深さを考える時間になればいいなと思いますね。
髙野:
かぞく』では僕の末弟を演じた男の子の素晴らしさも感じてもらえるんじゃないかと思います。子供という存在が大人の知らないところでどれだけ元気みたいなものを与えてくれているか、ということは撮影中にもすごく感じたので。
大和:
ボーイ・ミーツ・ガール』は一緒にWSを受けた人たちのおかげもあって、あのときの自分のベストを尽くすことができたので、そういう意味でも「みんなで作った映画」だと思っています。
 このWSでは監督だけでなく、俳優の方からも得るものがすごく大きかったんです。同じように俳優を目指す人たちと語り合うこと自体が楽しかったし、自分の意見を相手に言うことで自分の考えもまとまってくる。俳優の仲間と触れ合う機会としても大事な場になったと思っています。

【全力座談会第三弾】 最終回、4人の監督と7人の出演俳優が、「全力映画」について全力で語ります!!