全力映画特別企画第3弾「監督×俳優@全力座談会!!!!」

「かぞく」松永大司監督・髙野春樹・南部真人×「ボーイ・ミーツ・ガール」山岡大祐監督・大和×「冬の爆弾」森英人監督・木村紗貴・田村智浩×「もはや ないもの」三宅伸行監督・土井晃範・中村安理

11月17日(土)よりいよいよ公開される短編オムニバス映画『全力映画』。その第1弾に関わった監督と俳優がその成り立ちから、作品に込めた思いまで率直に語ります。

7月7日に行われた座談会を3回に分けて、ご紹介。
座談会企画のラストとなるこの<監督×俳優>篇では、各クラスごとにワークショップ(以下WS)と
映画制作への取り組み方をうかがいつつ、「全力映画」全体のテーマに迫っていきたいと思います。

司会・構成/那須 千里

ではまず森クラスから……『冬の爆弾』に木村さんと田村さんをキャスティングしたのはなぜですか?

森:
僕は流暢でそつのない芝居をする俳優よりも「この人はどうして今こんなことをしたんだろう?」と気になるポイントのある人に惹かれるんです。木村さんにはそれがあったんですよ。芝居とは違うかもしれないですけど、たとえば急に床の下のゴミを拾ったりしているのが、見ていて面白かったんですね。あとは話を素直に聞く人だなという印象がありました。僕は他人とコミュニケーションをとるのが苦手なほうなので……。自分の思い込みで話を聞くのではなく、こちらの言っていることをそのままスッと受け入れてくれる姿勢がいいなと思いましたね。
 それでまず木村さんを先生役で撮ろうとしたときに、その相手役としての田村さんとの組み合わせは面白いなと思ったんです。でも、最終的にこの二人に決めるまではかなり悩んだんですよ。
田村:
主役が男性のバージョンと女性のバージョンで、各一回ずつオーディションをしましたよね。
木村:
主役の教師の役を男女ともに演じてみたんですけど、衣装や小道具も、それぞれが自分のイメージするものを用意したんですよね。人によって考えている先生像が違うので、色んな先生像を見られたのが面白かったです。
田村:
役が決まってリハーサルを始めてからは、同じシーンを何回も繰り返し演じたんですけど、僕は演出でかなり削ぎ落とされましたね。「これはどうですか?」と提案してみると「それは要らない」というように。
森:
田村君はすごく芝居を“足して”くるんですよ。それはそれで面白かったのですが、田村さんも木村さんと同じで、僕が「要らない」と言えば「はい」とフラットに聞いてくれる。そのこともやっぱりキャスティングしたポイントかもしれません。
田村:
今回のWSでは撮影に向けた準備とは別に、毎週出される宿題も面白かったですね。これまで出会ったことのない映画に触れられたのはもちろん、既に観たことのある映画でも、もう一度観直して感想を書くんです。自分で観たときにはピンとこなかったけれど、あとから「こういうふうに観たらいいんじゃない?」と言われて面白かったのは、『白いリボン』(09)とか。
森:
単純に僕の好みだったり、好みじゃないけど「すごいな」と思ったものだったり、今まで観た映画の中から観て欲しいなと思ったものをセレクトしましたね。
森クラス「冬の爆弾」:森英人監督・木村紗貴・田村智浩
木村:
私も自分では選ばないようなジャンルの本を読んで感想を書く課題が楽しかったです。その課題図書の他にもゲッツ板谷さんの本を薦めていただいたり……。普段の私だったら絶対に手に取らないジャンルの本だったので、今まで知らなかった世界を発見できたのが面白かったですね。自分の内面がちょっと広がった気がしました。

山岡クラスではキャスティングや演出でどのようなアプローチをしましたか?

山岡:
ボーイ・ミーツ・ガール』で大和君を選んだのは、お芝居や存在感はもちろん、見た目も決め手の一つだったんですよ。撮影時の彼は茶髪のロン毛でちょっとチャラい感じでしたが、俳優本人の資質と演じる役の性質はむしろ逆のほうが面白いと思ったんです。映画の中では素の本人とは違った表情を見たかったので。
 そこから大和君の隣に並んだときの画が浮かぶということを基準にヒロインを選びました。大きくてガタイのいい大和君とその友人役のちょうど中間にヒロインがいて、彼女を軸にエネルギーの強弱のある男性二人がいるという構図ですね。その男女三人のアンサンブルが上手く軌道に乗れば成功だなと思っていました。
大和:
ラストシーンではヒロインの引き止め方を色々試してみましたよね。地べたを這いつくばってダダをこねる、とか、殴る前に一回踊ってみようか、とか。その演出方法も面白かったです。
山岡:
最初から一つの正解だけを目指すのは窮屈だと思うんですよ。そのシーンでやろうとしていることが表現できるのならばどんなやり方でもいい、という前提で出来るだけ多くの選択肢を見せて欲しかったんです。その中から、この俳優のこのやり方だったらベストなんじゃないかと思うものをチョイスした感じですね。大和君の場合はダンスの経験があったので、それを生かせないかと考えたりもしました。
大和:
僕はダンスをやっているせいか、どうしてもカッコつけてしまうんですよね。立ち方ひとつとっても無意識のうちにキメてしまっていたり。そのことは今回指摘されて初めて気づいたんですけど、立ち居振る舞いをラフに崩していくのが逆に難しかったです。
山岡:
よくも悪くも本人がカッコつけなんじゃないかと思うんですけどね(笑)。
大和:
でも僕は最初、山岡監督がレッスンで何をしようとしているのかが、全然わからなかったんです……! 自分なりに努力はしていたんですけど、なかなか的確に意図を理解できなくて。でも山岡監督が過去に撮った作品のメイキング映像を観たら、そのリハーサル風景で、あるシーンを撮るときに「これはどういうことなの?」と監督が出演者に聞いているところが映っていたんです。それがWSでやっていることとまったく同じだったんですよ。そのとき「あ、この作業がこうして映画に結びついていくんだ」とわかって、WSが作品に結びついていく過程と完成図が見えたんです。
山岡:
大和君がレッスンの内容を理解していないとは全く気づいていなかったですね。自分ではすごくわかりやすくレクチャーしていたつもりだったんですけど……。
大和:
違うんですよ、そういうことじゃないんですよ(汗)!! ただ、レッスンの中だけでは僕が消化しきれていなかったので、終わった後に同じクラスのメンバーと話し合って「今日監督が言っていたことって、こういうことだよね?」とやりとりをしながら理解していった部分もありますね。
山岡クラス「ボーイ・ミーツ・ガール」:山岡大祐監督・大和
山岡:
確かに大和君は途中でメキメキと上達していったんですよ。彼は他の人の芝居をその場で上手く取り入れて、臆面もなく舞台上で試すということが出来ていたんです。WSのメンバーは10人以上いるので、決まった時間内で一人が何回も演じることはできないんですけど、その少ないチャンスを自分が成長するために上手に使っている姿勢がいいなと思っていましたね。

松永クラスの手応えはいかがでしたか?

松永:
南部君と高野君はハッキリ言ってよかったです、上手かったです。WSの一回目からそう思っていました。芝居以前に、この人は自分のことをさらけ出せているなと感じた何人かのうちの、二人だったんです。
 『かぞく』では子供をどう撮るかということも一つのテーマだったので、WSの期間中に子役のオーディションをしたんですよ。実際に選んだ子はほとんど演技経験がなくて、もっと上手な子は他にもいたんですけど、僕はドキュメンタリー映画でデビューしたのでドキュメント的な瞬間を撮りたいという欲望もあって、不安要素はあってもオモシロい可能性のある子に出て欲しかったんです。
髙野:
あの子はヘンに芝居がかっていないというか、上手く演じようという意識も感じられなくて、本当に「ただその場にいる」という感じでしたね。
松永:
撮影は大変でしたけどね……気がついたら現場でお母さんと大ゲンカをしていたり。南部君と高野君には、兄弟役として近づいてもらうために、カメラの前以外でもなるべくその子と一緒にいてコミュニケーションをとってもらおうとしていたんですけど、そのときは二人でさえも近寄れない雰囲気になっていました。今となってはそれもいい経験でしたが。

俳優としてこうしたWSに参加する一番の動機は何でしょうか。

南部:
僕が松永監督のWSを受けたのは、単純に自分の芝居のレベルを上げたかったからです。でも「映画」を作るという目標が大前提にあったので、それに向けて役を獲得していくこと――お互いに知らない者同士がそれぞれ自分の意志で集まって一つの役を勝ち取り、それが作品に結実する――というのは心意気のある企画だなと思いました。
髙野:
最終的に作品に出演するかしないかよりも、自分が毎回のレッスンで何をするかのほうが、僕にとっては大事なことでした。「撮られたい」という思いで稽古場に立っていたら、それこそもう、作品の空間に生きていられないというか――そこで選ばれるとか選ばれないとか考えるのは……邪念です(笑)! 
南部:
僕の出演シーンはそれほど多くなかったんですけど、高野さんや子役の子がメインで出ている中での中盤のシーンだったので、役にどう自分を近づけていくかというよりも、自分の存在が作品全体のバランスを壊さないように役にアプローチしていければいいなと思っていました。もちろん限られた時間の中で自分の芝居を最大限にアピールしたいという思いはありますけど、そのシーンはWSの中でも繰り返し色々な演出を受けていたので、本番は逆にスッキリした気持ちで臨めましたね。
松永クラス「かぞく」:松永大司監督・髙野春樹・南部真人

三宅クラスではどんな収穫がありましたか?

中村:
私は演技をきちんと勉強すること自体が初めてだったので、まず相手役の人と普通に会話を成立させることが大変だったんです。相手の言っていることをセリフ以外で受け止めて、反応して……という当たり前のやり取りが出来なくて。WSがスタートしてからは、毎週毎週、頭の中がずっと緊張している状態でした。
 クラスではカメラを意識することも重要な課題だったので、映像ではわずかな動きやまばたきひとつにも意味が出るし、逆にそれが余計なことにもなるし、一つ一つの動きに気を配らなければならないということを肌で感じました。撮影した自分の姿を客観的に見ることで、声の出し方や喋る速度など、自分のクセを改めて発見する経験でもありましたね。
土井:
僕は実は三宅クラスの前に松永クラスと森監督のクラスにも参加していたんです。ただ、そのときは「面白い」という感覚は正直なかったです。とにかく自分の考えの甘さや、俳優の仕事がどれだけ厳しいかということを痛感して……楽しめるほどの余裕はまったくありませんでしたね。特に松永監督は監督自身が過去に俳優をやめた経緯もあり「やめさせることも必要だと思っている」というようなニュアンスのことも言っていたので、暗にやめたほうがいいと言われているのかな……? と思いつつずっとやっていた、というのが本音です。
三宅:
あれ、泣いてない?
三宅クラス「もはや ないもの」三宅伸行監督・土井晃範・中村安理
一同:
アハハハハ!
三宅:
僕は最初に土井君の芝居を見たとき「結構上手だな」と思ったんですよね。ただ、逆に初歩的な基礎の部分が抜けていて勿体ないなと感じることもありました。たとえば単純にセリフを言うスピードが速すぎて伝わっていなかったり。でも役との向き合い方や集中力は高かったですし、『もはや ないもの』の撮影現場でもそれは感じましたね。
松永:
僕もさすがにやめさせようと思って演出していたわけではないですよ(笑)。僕としても自分が俳優をやっていたときに上手く出来なかった体験はたくさんあるので、一言で道を開く言葉があるとしたら、もちろんそれを言ってあげたいんです。でも何をどのように言えばその人が俳優として開花していくかというと、やっぱりわからないんですよね。
 土井君も初めは内にある感情をどう外に出すかもわからないような状態だったんですけど、僕が彼の立場だったらもうクラスに出席しないだろうなと思うぐらいの厳しい状況の中で頑張っていて、あるとき明らかに演技が変わった瞬間があったんですよ。そのことは言ったよね?
土井:
はい、言ってもらいました(笑)。ただ、僕は褒められると簡単に調子に乗っちゃうタイプなので……。それでもお芝居を続けていれば今回の三宅監督みたいに自分の知らない力を引き出してくれる監督とも出会えますし、そこで出来上がった作品をまた松永監督に見てもらうこともできますし、そのときにちょっとでも「よくなったね」と言われたいなという気持ちもあって、ここまでやって来ました。
松永:
同じ俳優でも、監督が違えば、そこで求められることも変わってきますからね。だから自分の作品に出ている俳優が魅力的だなと思ってもらえて、他の監督の作品にキャスティングされるのは、すごく嬉しいですよ。
三宅:
WSで撮った作品を公開するのもつまりはそのためですよね。
松永:
そうですね。一人の俳優が演じられる幅には限界があっても、一人でも多くの人に自分の存在を知ってもらえれば、それだけ選ばれるチャンスも増える。とすると、やはり作品を公開してたくさんの人に観てもらうことが、俳優として生き残る可能性を広げることにつながるんじゃないかと思いますし、監督にとってもより多くの俳優を知るきっかけになる。それこそが「全力映画」の目的でもあり、WSに参加することで監督と俳優の両方が感じられる魅力なんだと思います。