• 全力映画オフィシャルFacebook
  • 全力映画オフィシャルtwitter

全力映画の作品紹介

WORKS-05(第2期公開作品)『いいね!』【FOXムービープレミアム短編映画祭2013最優秀作品受賞!!】

あんまり“いいね!”押されてないね

本作はソーシャル・ネットワーキング・サービス(以下SNS)で注目集める事に囚われてしまった女の話」です。
フェイスブック(以下FB)やツイッターなどのSNSがアラブの革命運動に大きな役割を果たしたとか、東日本大震災の際の情報共有にも役に立ったと言った話は理解出来るし、自分も共感するところです。しかし、大抵のユーザーは今日は食べた料理の写真だとか、猫の写真とか、自分の子どもの写真を載せたりするのに使ってます。自分もそうです。
それを飽きもせず続けられるのは、他人のリアクションがあるから。FBだったら「いいね」、ツイッターだったらリプライ機能。他者からの反応を得られる機能があるのは大きいです。反応があると嬉しい。だから継続できます。
ただ。最近、手段が目的に変わりつつある人がどんどん増えているんじゃないか?自分たちはSNSに逆に支配されつつあるんじゃないか?そんな疑問が湧いてきました。例えば、たまたま撮った料理の写真をFBに載せてみようじゃなくて、FBに載せるために料理の写真を撮る、という人はたくさん居ます。

SNSでもっと反応を沢山得たい、注目を集めたい。そのためのネタを集めよう。それが極端なところまで行ってしまうと、どうなるんだろう?この物語はそこから着想を得て作りました。SNSを日常使っている人であれば、極端だからといって笑ってはすまされない部分を含んだ、切れ味鋭い短編になりました。楽しんで頂ければ幸いです。

あらすじ

SNSに猫の写真を投稿して反応を得るのが生き甲斐の女が、ビルの隙間で暮らす男を見つける。
投稿のネタに男の写真を撮ろうとするが拒否されて、色仕掛けで男に迫る。
女はやがて男と一緒に隙間で暮らしだし、自分自身が撮られる側に回って有名人となる。

映画祭受賞歴

  • FOXムービー
    プレミアム短編映画祭2013
    最優秀作品賞
  • 仙台短篇映画祭2013
    正式招待

監督紹介

山岡大祐(やまおか だいすけ)

学生時代より自主製作で映画作りを始め、 数多くのコンクールで受賞、入選を果たす。2007年に製作した『ロストガール』は、ドイツ・ドレスデン国際映画祭、英・レインダンス映画祭等に正式招待され、国内でも渋谷ユーロスペース他にて劇場公開、好評を得る。 企画・脚本『朝日ヶ丘の素晴らしき人々』(共同脚本:江藤 有吾)では2010年サンダンス・NHK国際映像作家賞グランプリを受賞。2012年短篇『妹の足』はゆうばり国際ファンタスティック国際映画祭オフシアター・コンペティション部門ノミネート。カナダ・トロントで行われる新世代映画祭に正式招待。同じく短篇『タカノの匂い』は札幌国際短編映画祭およびドイツ・フランクフルトで行われるニッポンコネクションに正式招待。
全力映画2012では『ボーイ・ミーツ・ガール』を監督。
本作『いいね!』はFOXムービー プレミアム短編映画祭2013にて最優秀作品賞を受賞。また仙台短篇映画祭2013に正式招待。

俳優紹介

  • 美佐子 役/増井 香里

  • ひかり 役/多可未

キャスト・スタッフ

出演:増井香里、多可未、堀内亮太、松崎颯、臼井千晶

製作
ARC vision
プロデューサー
中尾 恵美
脚本
山岡 大祐
撮影
喜多 悠介
録音/
サウンドデザイン
光地 拓郎
助監督
冨永 拓輝
音楽
原 夕輝
メイク
升水 彩香
制作
森 英人
美術
谷口 陽祐
撮影助手
山崎 玲  伊藤 優
メイク助手
有坂 初男
メイク応援
二瓶 彩郁
制作応援
松永 祐樹
英語字幕
ドン・ブラウン
協力
伊月 肇  小杉 朋子  久慈 あつこ  城野 マサト  三ツ木 恵理  トヨタオフィス  SMP合同会社
監督
山岡 大祐